29日のヤマトークも初めて参加してきます。
あ、明日から週末までお江戸ですー。

帰って来てから個人本についてのお知らせメールをいたします。
遅れておりまして、あの;さらに遅れるんですが;;





三章のスリーブケースっつうんですか。
古雪やんvて嬉しくなりますよねー。


で、あのイラストの背景に「純愛篇」て昭和の邦画っぽい映画タイトル調の文字で入れたくなりませんか。


ひがしのの妄想


~~~

古代君はふんどし姿です。雪ちゃんは海女さんのかっこう。
で、抱き合ってる後ろに、ばばーーーーんと波が打ち付ける~~
「純愛篇」の文字が立体的に映し出される(ヤマトのと同じ感じで)

古代守、進兄弟は両親を事故で亡くしました。父は「大和号」という漁船を使って、漁師をしていました。
兄弟は後を継ぎ、今は二人で船で漁に出る日々です。

小さな漁村にある日雪という女の子が都会からやってきます。
彼女も両親を失い、親戚の土方家に預けられることになったのです。
土方さんはこの村の高校教師です。(古代兄弟ももちろん世話になりました)

何かと反発しあう進と雪でしたが、ある日進が溺れかけた雪を助けたことがきっかけで……。


ばばーーーーーん「純愛篇」


……みたいな。



2017/06/27(火) 23:03 雑記 PERMALINK