お申込みありがとうございました。
<個人本 通販の再開について>
本日、本を発送いたしました。
あと1冊ございますので、よろしければ、メールフォームからお申し込みください。(先着順でお譲りします)
9月中頃までこちらでお声掛けして、お待ちいたします。
その後、表のブログでもお声掛けする予定です。


*****

蒸し暑い;;秋は雨が続くよね。梅雨時より降る印象がある^^
洗濯物が溜まってしまうので、(ほぼ毎日踊ってるので)晴れて欲しい~。明日は快晴のようです◎


+++++

ラフ妄想








「泊まっていけばいい」

彼は軽い気持ちで、口にしたのかも知れなかった。

『えっ』と発して、口をぽかんと開けたまま、雪はどう答えるべきなのか、考えを巡らせた。

「心配しないでいいよ」

「心配って……」と雪は、まだ困惑した顔で、古代を見た。

「うん? ああ。リビングのソファはベッドになるし、毛布も余分にある。寝る場所はあるから」
ニコニコ笑って、そう答えた古代に、雪は内心肩を落としたい気持ちだった。

(そうじゃなくて――っ!)と、叫びたいくらいだ。
しかし、実際は顔色を変えず「では、お言葉に甘えて」と低い声で答えた。

ドスっと音を立てて、持っていたバッグを乱暴に置いた雪に、古代は、(あれ?)と思ったのか、一瞬首をかしげたが
雪が、何に対して気に食わないのか、思い至らない。







2017/09/07(木) 22:42 雑記 PERMALINK