3章のネタバレちっくなことが公式サイトに出てるって聞いたけど、
なんか怖くて見られない^^
それ見ちゃうと「あうーーーー;;:」ってなるかもしれんし
原稿書けなくなる可能性あるしで、やっぱり覗かないでおくことにします。

だけどね、この脚本家さん、以前のインタビューで言ってたけど
海外ドラマを意識してる、見てる人をドンドン裏切りたい(みたいな話だったと思う)
とおっしゃってたから、ネタバレちっくなのは大いなる煽りで、斜め上いっちゃうかもだし
そこから「えええーーー」ってな展開になるかもだし、二重三重のトリックつうかどんでん返しがあるかもだし

と、あまり真剣に「そうなるだろう」と思わないでいいのじゃないかな??って思います。
実際、その方が一粒で二度おいしい体験できるし!



で、勝手な妄想しちゃったじゃないかwww(原稿は別に進めております^^)















「乗艦名簿に載っていないからって、雪ちゃんと僕はここにずっと待機なわけ?」
と不満を漏らしたのは、イスカンダルへの航海時にも乗艦していた美容師のヒライワ氏だ。
「包帯巻くよりも、僕はハサミで人の髪を切りたいんだけど」
「そのうち主計科にうまいこと潜り込んで、床屋を開けばいいじゃろ? どこも人手不足じゃからな」
はいはい、と口を尖らせたヒライワは、腰に差したシザーケースを大事そうに摩った。
「ここの看護師も今人手が足りておらんからな。森君が手伝ってくれるのは大いに助かるわい」

そう話しかけられた雪は、他の看護師について出来る範囲で手伝いをしている。
「おじ様の容態はいかがなんでしょう?」
「命に別状はないわい。一週間ほどでよくなるじゃろ」
「それはよかったです」
雪は、ふうっと安心したように一息漏らした。
「そのうち様子見てわしから古代に話そうか?」
「いえ、ご心配には及びません。自分から直接話します」
ヒライワもそうなのだが、クルーからお呼びがかからなかった者が、三名こっそりとヤマトに乗艦していた。
一人は、ガミラスのクラウス・キーマン。彼はさっさと「乗せろ」と古代に詰め寄り、居場所を確保している。
雪も初め、古代から乗艦を許されなかった。
乗らないで、待っていてと告げられた時、「自分は当事者だと思っていたのに、
彼から『蚊帳の外』宣告を受けたように思い深く傷ついたのだ。





「それはいいんじゃが。おまえさんら、二人とも頑固者じゃからな。喧嘩がおおきくならんといいがの」
「単なる喧嘩じゃありません。あのひと、私の事全然わかってなかったみたいなんで」
「まあ、ええよ」
佐渡は雪の愚痴を聞くのは三度目である。聞くだけ聞いてやれば気持ちがすっきりできるかもしれないと思い、聞いてやったが、
雪は話せば話すほど感情が高ぶってしまい、仲直りするどころか、本気で「婚約解消」も厭わないと言い出す始末なのだ。




「加藤も後から合流できたから、森君も大丈夫じゃよ」
と佐渡は励ます。

雪は弱弱しく笑って頷いた。



軽傷者である永倉は、ベッドで休むことを拒否して、さきほどからメディックの長椅子に座りこんで一連のやり取りを聞いていた。
聞こうとして聞いていたわけではなかったが、自然と耳に入ってくるので仕方がない。
それほど興味があるわけではなかったが、ヤマトの古代と雪の噂は知っている。
二人は先の航海で大恋愛をして結ばれ、婚約したのではなかったか。
長椅子に深く腰を下ろし、頭を垂れて休憩していた永倉に、雪は、「どうぞ」と一杯の緑茶を手渡した。
「あ、ありがとう」気にしてはいなかったが、なんとなく左手見ると、確かに婚約指輪はなかった。
顔を上げて様子を伺うと、森雪一尉は、噂通りの物凄い美人だ。
(わ、女の私でも見惚れるな。古代一尉もバカよね)

と、面識程度しかない永倉でも、そう思ってしまう。


「先生! 土方司令が重傷だって本当ですか!」

そこになんの前触れもなく、勢いよく飛び込んできたのは、時の人――古代艦長代理そのひとだった。


(つづく)


勝手な妄想編~~

だってね、次回「純愛篇」なんでしょ!

だったら、雪が、<ヨヨヨ>と泣いて「古代君たちのそばに居たかったのよ」「ばかだよ君は」で抱き合って丸く収まるわけないのだ!
昨日も言ったけど、グーパンチするかもしれんよ? 2202雪ちゃんならw

なので、一山、二山超えろ~~、君達vって思ってしまう~~。そのほうが盛り上がるやんv
2017/06/25(日) 17:34 ヤマトSSS PERMALINK
詳しくは昨日のブログをご覧ください。

少部数限定で、ひがしのの個人本「2202古雪本」を発行します。
申し訳ありませんが、今回は部数限定の為、お申込み先着順とさせていただきます。


+追記+
あと3名様となりました(5月12日 9:30現在)
引き続きよろしくお願いします。 数に達しましたら、メールフォームを以前の形に戻しますね。
出かけている間にオーバーしてしまったら、すみません。



空きがあと5冊ほどありますので、よろしかったらどうぞ。naosky サイト内の「個人本申込み」メールフォームからどうぞ。
本日メルフォよりお申込みいただいたお方さまで、17時すぎまでにいただいた方にはお返事しております。
お一方、メールが戻ってきたので、明日、再送いたしますね。
まだお返事していない方も、明日させていただきます。
23時までにいただいた方は全てお受けしております。
ありがとうございました。
2017/05/11(木) 23:22 ヤマトSSS PERMALINK
今更なんですが、スタバのビバレッジ(と言うんですか;;;)注文してみて、(桜フラペチーノと桜なんたら;)
想像以上に美味しかったので、すっかりはまってしまった;;

ながーーーーい映画か曲のタイトルみたいな商品名は、注文するときに噛んでしまわないかめっちゃ緊張する;
実際、カミカミなんだが;;;

コーヒークリームラテも美味しかった。
だけど調子に乗って週2で通ったら、結構なお値段するので、後半の家計が苦しくなりそうだw
最近はスタバラテにはまっておるv

ラテ部分のふわふわミルク、あれってお安く作れるんですね~~。
ネットで調べて、まず家に常備してある明治ラブ(牛乳嫌いな私でも飲めるし、カルシウム強化できそうなので)を
レンチンして、茶こしでシャカシャカしてみたが、本物の牛乳じゃないので、上手くできず、断念。
そこで、百均で売ってる「ミルクフォーマー」と、本物の牛乳で作ってみたら、あら~~~vvvvちゃんと出来た!!
ペーパードリップでコーヒーを作り、その上にふわっふわのミルクをそーーーと入れる。

うまーーーーーーーーっ!!

まあ、確かにスタバのラテには劣る味わいだが;;
しばらくはお家でシャカシャカと、ミルクを泡立てようとおもいますw





ラフ


















「古代君が見たのは誰? どんなメッセージだったの?」

白い背中をこちらに向ける雪の表情はわからない。
月の光が、カーテンの隙間から差し込み、亜麻色の髪が背中でうねる姿を妖しく映し出している。

いつもは、情事が終ると、古代の胸に顔を埋めるようにして眠りにつく雪が、
今夜は、彼に背を向けて眠りに就こうとしていた。

「……沖田さんだった」

古代は、そう答えながら、白い背中の窪みを指先でなぞる。
背骨が動く。彼女が少し俯いたのが、指先を通してわかった。

「私には、なにも」

――見えなかった

と言おうとした雪を、古代は後ろから優しく抱きしめた。










「なんで、黙ってたの? 心配するじゃない。猛省しますって言ったのは嘘?」


雪の語気は弱い。掠れた声でやっと絞り出した言葉だ。

「嘘じゃない。君に余計な心配を」
かけたくない、と古代が続けようとすると、雪はその先を遮るようにして、振り向いた。
「雪?」



2017/04/06(木) 16:33 ヤマトSSS PERMALINK
この二人さ、なかなかイイコンビだと思うんだよね^^
話の間とか、テンポとか。




なSS


ラフです














「目撃! 隣の地球人バカップルw リポーター:ばれるときーまん」










「最後がこの男です」

クラウスが差したのは茶色の長めの髪、制帽を目深にかぶった男で、顔はよくわからない。
タブレットでは表情も見えない。

「ガトランティスの大戦艦に小さなフネで立ち向かった男……」
「あるいはこの男なら……」

宇宙港そばの駐車場は、帰還してくる者を出迎える家族や、友人でごった返していた。
そこから少し離れたところで、若い女が一人、裁判所の扉が開くのを、ずっと待っている。

「あの女も、そうではなかったか?」
ローレンは、顎に手をやり、自慢の髭を撫でながら話す。
「はい、元ヤマトクルーの一人です」
「イスカンダルの姫に似ているという噂があった女だな」
「噂どころか、我々は間違えて彼女を拘束し、ガミラスでユリーシャ・イスカンダルとして扱った、との記録もあります」
「なるほど。大したタマだ。それでその女があそこで待っているのが、例の男なのかい? クラウス」

ハイ、とクラウスが答えようとした時、重厚な扉が開き、男がひとり出てきた。


離れた車の中からは、二人の会話は聞こえないが、女はブーツのカカトをカツンと合わせて、なにやら敬礼しながら笑っていた。

クラウスは手にしたタブレットを操作し、そこにいるのが、古代だと確認した。
「最後の男の名前は、コダイススム。元ヤマト戦術長です。我々の作戦に置いて、もっとも重要な人物の一人です。
顔と名前が一致しました。今日のところはクリアですが、どうします? つけますか?」

古代と雪が談笑しながらこちらに向かって歩いてくるので、クラウスとローレンは、頭を垂れ、顔を覆うようにして
前を歩く二人から見えないようにした。


「地球人である彼らも、任務を離れれば、一個人だ。普段の彼らがどのようにして過ごしているのか興味がないわけではない」
「バレル大使、もってまわった言い方を」
「我々は、まだ地球に馴染んでいない。ここは一つ、地球の若者の日常の過ごし方を知る必要があるのではないかな?クラウス。君はどう思う?」


クラウスはその端正な顔を、ローレンから背けて、思いっきり崩した。

(あーあ。素直に言えよ。まったく。このオッサンときたら……っ)
何かにつけて理屈っぽいローレンの事を、クラウスはたまに面倒くさく感じるのだ。
普段は、温厚で頭が切れて素晴らしい上司なのだが。
地球に来てから、言葉の勉強をし、生活に慣れ、時には大使の我儘なグルメごっこにも付き合い、クラウスはヘトヘトなのだ。
誰かに愚痴を聞いてほしい、と切に願わずにはいられない。
しかし、クラウスがストレスを発散できる場所や八つ当たりできる人物はどこにもないし、いないのだった。





「何か、言ったかね? クラウス」

クラウスは、ローレンを振り返り、何もなかったかのように静かに「いいえ、何も」と言った。

「あっ、二人が車に乗ったぞ」
ローレンは、車から身を乗り出しそうな勢いである。すっかり古代と雪の後を追う気満々のようだ。

「出せっ、早く!車を!」
まるで人が変わったかのようである。

「大丈夫ですよ、大使。あんなピンクのド派手な車、見失いっこありません」
クラウスの方が落ち着いている。

(アンタじゃなくて、俺が運転するんだよ。静かにしてくれないかな)と、内心思いながら、ハンドルを握っている。


「あーーーーーーーーっ!!あいつらっ、ナニなにやってんだっ」
大声を上げたのは、ローレンではなく、クラウスの方だった。
驚きのあまり、つんのめって、ハンドルに顔をぶつけるところだった。

「何だ? 何があった?」
咄嗟に手で顔を庇ったローレンは、頭を上げてから異変に気付いた。


――ピンクのド派手な車で。
それだけで充分目立っているというのに。
ナンダ。
ケシカランっ!
自覚が足らんのかーーーーーっ。

と、相手が、ガミラス軍人ならば説教しているところだ。

なかなかの美男美女のカップルだと噂の二人だ。それくらいローレンもクラウスも調べ上げている。
古代と雪が恋人同士で、婚約中であるということも。

久しぶりの再会で、抱き合うくらいならガミラス人でもやっているし、許容範囲だ。

だが、しかし。


「熱い、キッスというのは、如何なものだろうか? クラウス???」


ローレンは、何かを堪えるかのような硬い表情だ。しかい顔は真っ赤で、時折唇がぷるぷると震えている。


(俺の知ったこっちゃねーーーーーーよっ!)



クラウスの怒りはどこに向えばいいのだろう。
いちゃつく地球人バカップルか?
それとも能天気な上司にか?



『もうバレてもいーや』

クラウスは、前のピンクのド派手な車の中でいやらしく舌を絡めあう地球人カップルに、
嫌がらせかというくらい、けたたましくクラクションを響かせてやるのだった。





<クラクションに驚いた二人は、ドライブデートのあと、カフェでお茶して、英雄の丘に向います。皆より少し遅れたのは、ナニカやってたからでしょうかw)


<<追記>>

クラウスさん、きっと一人カラオケとか行ってるんだよw
顔に似合わず、ド演歌が得意。   

なところまで妄想したw

2017/03/26(日) 19:58 ヤマトSSS PERMALINK



婚約までのお話にしたかったのだが、なんでこーなった^^




ラフSSS












★島君、いちゃいちゃに付き合わされる、の巻



「俺達、婚約したんだ」

古代の横には、彼のフィアンセの雪がニコニコ笑って座っている。

話がある、と親友である古代に誘われた時、島はすでにピンときていた。
雪を連れて行っていいかと、わざわざ断りをいれたのもそうなのだが、ここ最近の古代は
土方への挨拶はどういえばいいのか相談していたり、女性の指のサイズについてなぜか自分に訊ねたりしていたので、
島も(あいつもいよいよ年貢の納め時か)と感じていたのである。

「そうか! おめでとう!」

二人にビールを注ぎながら、二人以上に島の胸も熱くなるのだった。

「ありがとう」
島に礼を言った後、古代と雪は目を合わせて二人にしかわからないような笑みを浮かべている。
そんな様子をみると、少しイジケタイ気持ちになる島だったが、そこはぐっと堪える。
島は、二人から幸せのお裾分けを頂いて、今夜は酔っぱらってしまった方がいいと思うことに決めた。
「古代が君と初めて会った時、俺も横に居たのに、なんで俺じゃなくて古代だったの?」
一度聞いておきたい、と島は以前から思っていたことを口にした。
もちろん本気で思っていたわけではなく、からかい半分だ。
雪は、なんでそんなことを聞くのかわからない、とでも言いたげに首を傾げて、こう話す。

「あの時の古代君、すごく失礼な感じだったでしょ? それが印象的だったのかもしれないな」

「あー、なるほど。出会いは最悪ってやつだ。こいつ、女性への接し方が下手でさ。なあ、古代? おまえ誤解されやすかったよな」

「そ、そうか? よく覚えてないな」

島の話に、古代は苦笑してジョッキのビールをぐいっと飲み干した。
「へーえ。学生時代の話? 訊きたいなあ」
「おいおい、面白い話なんかひとつもないって」
雪は、テーブルの上で両手を組んで、島の方に身体を乗り出して、にこっと笑う。
横の古代は、大袈裟に首を振っていた。

居酒屋のテーブル席。古代と雪が隣同士に座り、古代の前に島が座っている。
雪の仕草に、島はどきりとした。

きっといつもは古代に対して、そんな風に甘えているのだろう。
これは男心をかなりくすぐる仕草だ。
古代と一緒にいる安心感からくるものなのか。
雪本人に、自覚はないのかもしれないが、明らかにいつものスーパークールな彼女とは大違いな仕草だ。
雪をそうさせているのは、親友の古代だ。
雪と付き合うまでは、超鈍感だった古代が、だ。




「そうか? じゃあ、土方さんに盾突いたときの話は?」
「おじ様に? 」
雪は、瞳を輝かせ、嬉しそうに島を見ている。

「あれはさ、まだ俺たちがヤマトに乗りこむ三年ほど前の頃で」
「やめてくれって……」
雪とは対照的に、古代の声はか細くなった。

めでたい婚約報告の席で、少し苛めすぎたか? と島は思わないでもない。

「ま、いいさ。今度古代から直接訊きなよ」
意味ありげににんまりする島に、雪は瞳を大きく見開いていたずらっぽく笑った。
「そうね! じっくり聞いてあげるね、古代君!」
またもや二人の世界にトリップする婚約者たち。

(こいつら、俺の姿が見えてないのか……)
と島は思った。苦笑を通り越して、いっそ清々しいくらい大笑いしたくなる。

「おいおい、俺は、君達のイチャイチャの肴か?」
島は、二人のラブラブパワーに降参するしかなかった。

「違う! 断じて、そんなつもりはっ」
古代は島の前であるのも忘れて、しっかりと雪の手を握っている。雪の左手薬指には、キラキラと輝く愛の印が。

「わかった、わかったよ。おまえたちのイチャイチャに、今夜は付き合う」

島は、ジョッキグラスを傾けた。
今度はゆっくり親友と二人きりで酒を酌み交わし、『本当のところ、どうやって森君を落としたのか』
じっくりと訊いてやるぞと、心に誓うのだった。
















2017/03/25(土) 19:57 ヤマトSSS PERMALINK
あまけのR18SS アップしました。

あれ; そんなにエロくない;

R18ってほどでもないよ; 全然ない;

ま、いっかー。

というわけで、3月22日にパスワード制に戻します^^

某様、すみません;;スマホにして戻って来てねv 見られないようでしたら、また時々解除しますんでw




****
いや~~。カレー食べようと思ってたんよ。真似したんじゃないから^^
今日、ジム帰り寄ろうと計画してたw
シンクロv 

鏡の前でもシンクロ~~~。おおお、ばっちりwww 


うんまーーーーーvvv 久しぶりにスパイス効いたカレー食った~~~。


だけど、胃、もたれるwwwww 

2017/03/20(月) 22:37 ヤマトSSS PERMALINK