チャットで~~す。

本日22:30から本番です


ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

目がしょぼしょぼする;;;おやすみなさい
2017/10/20(金) 19:48 アマノイワト PERMALINK


柏木から意味深長な耳打ちをされて、連れてこられたのは、意外な事に医務室だった。

患者はいない。佐渡は奥の自室でいつものようにコップに酒を注いでは、喉に送り込んでいる。
柏木が、詰めている衛生士の笠原に目配せを送ると、奥から白い衛生士の制服を着た雪が現れた。
髪をポニーテールにまとめていて、かなり印象が変わって見える。

どうしてここに雪さんが? 
衛生士の制服を着ているの?
  
玲の頭に「密航」の文字が浮かび上がる。
事態を把握するまで、数秒の間を置き、
「知らぬは婚約者だけということか」と、玲は思わず呟いた。

呟きを、雪は聞き逃さなかった。



「元・婚約者」
雪は、平然と言い放った。

「えっ、別れちゃったんですか!」

「しいっ! 声が大きい!」
柏木が口元に人差し指を立てて、医務室内に、事情を知る者以外、誰か居ないか見渡した。
笠原の他に、男性の衛生士が居たが、彼も事情を知っているのだろう。バツが悪そうな顔を誤魔化そうと、聞こえない振りをしていた。
玲は珍しく慌てて、スミマセンと小さくなって謝った。

「内情を詳しく皆に伝えてるわけではないの。古代艦長代理が私の乗艦に反対する理由をね。私の乗艦に反対だなんて!って、頭に来て、婚約指輪つきかえしちゃった」

憤慨している風でもなく、むしろ寂しそうにそう語る雪に、玲の心は痛んだ。
「オトコって自分本位なんですよ! 雪さんの事なんだと思ってるんだ! ということで、雪さんを女子部全員で匿うことにしました」
雪の代わりに怒っている柏木に、雪は苦笑を浮かべて、玲を見た。
「ああ。なるほど。それは大いに理解できます。了解しました。私も全力で雪さんを匿います」

「だけど……」


玲は、どう話すべきか躊躇いながら、口を開いた。
柏木は、空気を呼んだのか、先に戻ってますねと言い置いて、医務室から出て行った。


玲は、こっちへ、と手招きをして雪を呼んだ。
部屋の隅まで二人で来ると、さらに小声で話す。

「別れちゃダメですよ。お二人は私たちにとって、地球の明るい未来の象徴でもあり、憧れなんですから。
雪さんは古代さんと幸せにならなくちゃ」

「山本さん……」

「本気じゃないんでしょう? じゃなきゃ、隠れて乗艦なんてしませんよね」

「うん。頭に来たというより、悲しかったんだ。なんで解ってくれないんだって。だから、つい」

「よかった。その言葉が聞けて。落ち着いたら仲直りしてください。たぶん古代さんも同じ事思ってますよ」

「そうだといいな」

「そうに決まってる」

玲は、古代の浮かない表情を見たことについて、雪に話そうかと思ったが、言わないでおくことにした。


(たぶん、そんなに遠くないうちに仲直りするんだろうし)




犬も食わないナントカに、自分から首を突っ込まなくてもいいか、と思う玲だった。


2017/10/20(金) 19:09 ヤマトSSS PERMALINK

拍手、ありがとうです~~~。
すごく久しぶりに更新だったもんね^^ ありがとうございます。




楽しくて、幸せでしかたないとき、にへら~~~と締まりのない顔になるか
真剣モードの怖い顔になるか;;


おいしいものを食べたり、可笑しくて楽しいときなんかはにへにへしちゃうのですが
同じ楽しい時でも、真剣モードのときは、めっちゃ怖い顔になってるようです;;;

夜の遠征先で踊って、レッスン終了後、スタジオから出たら、お友達が次のエアロに出る為に並んでいた。
皆さんの目的は、クラブで一番難しいエアロ。
知ってる人が何人か出ているクラスですが、私は帰り際にスタジオの外から「わ~~今夜もバリバリやなー。凄いな~~」と傍観しているだけです。

エアロは、やっとこさ初中級クラスに慣れて来たかも?程度のスキルなので、アドバンスクラスになんぞ、何年かかったら出られるようになるやら;;
初心者やった人が、一年ちょっとで出ちゃうお友達の進化レベルに驚いてしまう。もともと運動神経がいいのだろうねー。
この前の初中級クラスで並んでいる時に「某店のアドバンス受けてる」って話になったので
「私、その前のひpほpクラス出てるよー」て話したら「ああ、こんなやつ?」て虫の手足の動きみたいな振りをしてくれたwww
うんwそんなへんてこなコリオだったよw先月ね。(ヘンテコなコリオが好きなのだw)
あの中に居たんや、と言う話になったので、いつもだいたい後ろの左端にいるよーて言ってたので、今夜は見つけやすかったようです。

「あ、こんばんはv」と挨拶したら「ひがしのさん、踊ってる時、いつもと全然顔が違う」と言われた;;;
えーん;;
キモイって言う意味??? 怖いってこと???

突っこめばどちらか言われそうだったので、でへへwと誤魔化し笑いでやり過ごした~~。
じゃーねー、エアロ頑張ってね! 私はもう一つオリジナルひpほp受けるの~~とサヨナラしました。

今回のジャズちっくダンス、イントラさんからの指示は「可愛く」「ぶりぶり」なんですが
身体も脳も拒否るので;;怖い顔になっちゃうようです;;
二チームにわけて踊るとき、他の人を見て見たら、皆さんうきうきと楽しそうに笑ってるひともいるんよね。
わ;私あんなに笑われへん;;; めっちゃ真剣モードになってまうもん;;

だからといって、楽しくないわけじゃなく、むしろ全力で楽しんでいるのです。
真剣に楽しんでいるからこそ、怖い顔になってる;;;のかも;
めーーーっちゃ楽しいのになあ^^あ、集中してるから笑われへんの。たぶんそういうことw

2017/10/19(木) 22:51 雑記 PERMALINK
以前から言ってた個人小説本「heart」の続きオマケSSSをやっとこさアップ。

個人本のつづきなので、よんでいないと、全然意味がわからんwシロモノです;



***

調子づいておりますぅ。


二日連続でラフSS書いた^^

「あなたの笑顔」、しばらく続けます^^

ここのブログにアップしていって、加筆修正したものをSSとしてアップし直す、といういつものパターンです。

気長に、のんびりとお待ちくださいv

2202の三章だったり、2章の続きや隙間だったりします。


****

昨日出た、ダンスのクラスで、イントラさんから「私と一緒に踊りたい人募集!」に賛同して
プチ発表会に出る事になりました。総勢約10名のチーム。もうじじいとばばしかおらんwあ、かわいいOLさんがお一人居たv

昨日クラブ側から訊かされて、イントラさんも焦ったらしい。
だって、時間がないもん;;;二週間の猶予;
火曜夜のクラス終了後、30分だけ居残り特訓して、仕上げようという急な発表会です。
だいたいお顔だけは知ってるメンツがそろい、初めて名乗りあった^^忘れたけどw
火曜日夜のダンスが一緒の人って、だいたい金曜の夜のおりじなるダンスのレッスンも被ってるんですよね。
なので、会員だけで何らかの会議が、明後日の夜もあるかもしれません;;
アマノイワト、かならず出ますが、お伝えしていた時間より遅い参加になるかもしれません;;
どうぞ皆さん、先におしゃべりしててください^^


なんかノリノリなので、なんとかなるーって気分なのです。乗り切るぞ

2017/10/18(水) 23:09 ヤマト2202 PERMALINK
ラフSSS「あなたの笑顔」2


(あれ? )

赤い瞳に映るはずの姿が、そこにいない。


(おかしいな?) 

ただの直感だけど、自分のこういった感はよく当たる。
これは航空隊の加藤隊長や篠原たちによく言われた事。



玲の操るコスモタイガーⅠは、挨拶代わりに、ヤマト第一艦橋のそばで小さく弧を描いた。

中で歓声らしきものがあがっていた。

レーダー席に居たのは西条未来だ。
古代の姿もあったが、浮かない表情に見えた。

着艦許可の合図が降りると、玲はエンジンを吹かし、一旦上昇する。
部下たちに、ヤマトへの着艦を告げ、懐かしい艦内へと機体を滑り込ませた。

「これが本物のヤマトなんだ」

鶴見はヘルメットをとり、ポカンと口を開けたまま、次々と収納されていく仲間の機体を眺めている。

「鶴見!」

「ハ、はいっ!」

「これは演習じゃないだ。これからは実戦になる。死ぬな」

玲のいつもと変わらない叱責に、鶴見は縮こまるしかなかった。




「よく来てくれたな!」
「ああ、久しぶり。元気だったか」
「俺達は置いてきぼりかと焦ったぜ」


狭い格納庫に、かつての仲間たちが駆けつけ、人で溢れかえってきた。
玲はその中に、彼女が居るかどうかきょろきょろと、辺りを見渡したが見つける事が出来ない。
こういう時に一番に飛んできそうな岬の姿もない。

何の気なしに、傍にいた北野に訊いてみる。

「雪さんは? 森一尉はどこですか?」

北野は、玲の問いかけに、あっ、と顔色を変えた。
「今回は、……森さん、乗艦されていないんです」
「え? そうなの? どうして?」
おかしいじゃない、そんなの。なにがあったの? と玲は言外に訊いてくる。
北野は、えっ、あの、わかりませんとしか答えなかった。

「そうなんだ」

古代の浮かない顔の訳はこれだったか。
なんとなく理解した玲は、北野に返事しながら、誰か理由を知る者はいないかと周りを探す。
すると、そこにいた船務科の柏木と目があった。

「柏木さん? 森船務長は?」

いきなり、そう声をかけられた柏木は、一瞬驚いた表情を見せたが、すぐに落ち着いて「山本さんはヤマト女子部だもんね。同じ女子として秘密を共有できる?」
と小声で耳打ちする。

玲は、ニヤリと笑い、「勿論」と頷いた。





女子部の結束 ♪


書いてから、不安になって再確認。柏木さん、船務科だったvよかった^^
おかっぱ頭の女子クルー、「和田」さんやねんね。保安部は2202でも存在するのか?ごっどねえちゃんかいw(違うの?)
2017/10/18(水) 18:22 ヤマトSSS PERMALINK
ラフsss
「あなたの笑顔」


あれは、一世一代のプロポーズを彼がしてくれた時だった。
言葉そのものは、とてもシンプルで、『結婚しよう』というものだったが
雪は、感動のあまり、咄嗟に返事が出来ず大粒の涙を流したのだった。

はい、と小さく頷いた雪は、照れて笑う古代の幸せそうな笑顔が忘れられない。

男の人に使う形容ではないが、美しい、と心の底から思った。
そしてその感情は、以前にも深く心に刻んだものと似たものだった。

自分が奇跡的に息を吹き返した時の、彼の顔――。
愛し、愛されるとはきっとこの感情なのだと、言葉に乗せずとも雪は直感で感じていた。

雪はあの時の古代と、プロポーズを受けた時、心から安堵して笑った古代、どちらの彼も、きっと永遠に忘れないだろうと思っていた。


「ねえ、古代君」

となりで寝ている彼を呼ぶと、「ん?」とかすれ気味の低い声が返ってくる。


「どうした? 寝られない? それとも、もう一度……」

彼は、半身を起こし、前髪を後ろへ撫でつけて、小さく丸まっている雪の肩を抱き寄せる。

「やだ、違うの。私はただ、」
雪は、自分の身を抱きしめるように、両手でしっかりと胸を隠した。
ブランケットの中でもそもそと動く雪の後を追って、古代の手が、彼女の心と体を同時に解きほぐそうと動き始める。

甘い攻防が続く。




「言いたいことは、何?」


「訊きたいことがあるんだろ?」


それは二人が同時に発した言葉だった。

吐息に埋もれて、言葉が掻き消される前に。

もう一度、あなたの笑顔が見たい。知りたいの。

本当に知りたいのは、ね。


言葉は喉元に留まってしまう。吐き出される前に消えてしまった。

なぜなら、彼が雪の言葉を遮るかのように、彼女の首や、耳元や、頬や、彼女の全てにキスを落として行ったから。

「毎朝、雪のモーニングコーヒーが飲みたい。俺はそれだけで幸せだ」

あらゆる場所に、丹念に唇を落として行く古代は、キスの間にいつもの彼とは別人のような台詞も落として行く。

――ワタシはね。

ただ、あなたの本当の笑顔が見たい。それだけなんだ。


「私は、今日買ったペアのコーヒーカップを明日使いたいなと思ったの」
そうしたら、彼の笑顔が見られると、雪は信じている。

けれど、一番に伝えたい肝心な言葉が消えてしまっている。


『私もヤマトの仲間よ』

彼が忘れているはずはない。私も同じ苦しみを知っているんだよ。
こんな当たり前の事を、今また伝えなければならない気がしているのは、彼がどこか自分を遠ざけたがっているのではないかと危惧しているからだ。







つづく?




小説を読んで、3章を見て。

ちょっくら書いてみたくなりました。
続きます。たぶん。
のんびり書くので、のんびりお待ちください~~。


2017/10/17(火) 17:33 ヤマトSSS PERMALINK