春ごろからずっと右目の調子が悪くて、
手術したり、ごまかしてやってきたのだけど、前の箇所と違うところで再発して
結局また手術してきました。
病気自体は大したものじゃないけど、なんども再発すると、嫌になる。

目が腫れぼったくなって、人と目を合わせるのも億劫で、俯いてばかりになるし;;;


睡眠は大事ですね。


目を酷使するのもダメ、寝不足もダメ。
当たり前すぎるな。




腫れが引いたら鋼展行ってこよう。
両目見開いて、よ~~~く見たいもんね。

ジム活はもう少しセーブしようと決めました。
毎月行ってたサークルも時間の関係で行きづらくなったし、いっそのこと辞めてもいいかなって思う。
行かなきゃ、ってなってたのを、少し引いた角度から見つめ直すいい機会になった。

自分は、どんなことも「しなくちゃ」「やらなくちゃ」と考え過ぎ、気負い過ぎなところがある。

もっと気楽に考えられればいいのにな。





というわけで、こちらのブログ、サイトはしばらくお休みいたします。






心身ともに、そこそこは元気ですー。ご心配なく~~~。

では、皆さまお元気で。







2017/11/10(金) 15:27 雑記 PERMALINK
朝晩は冷えこむようになりましたね。こんばんは。
三連休ですが、皆さんお出かけ中でしょうか。

ちょっと前に娘が出張で帰阪したり、母の通院に付き添ったりと
先週は超ハードスケジュールでした。

娘、仕事終わってからこっちの友達と遊んでたらしく「ママ~~、今から●ちゃんと◆ちゃん、泊めてもいい?」ときた。
中学からの大親友ちゃんたちで、私もよく知ったお嬢さんたち。
内心、<うげぇ、今からかい;;ごはんも適当なんしかないしな;;>と困ったが
二つ返事で「いいよ~~。二人でも何人でも連れといで」とOkした。

一人は去年も確か泊まりに来たな^^
もう一人は大学の卒業式以来。
みんなお姉さんになったなあ~~としみじみ。
中学、高校の時もよく遊びに来てくれた。
よくもまあ、あの狭い部屋に皆で寝てたwww
気持ちいいのは、朝ご飯、たいしたものしか出さないのに「美味しいです~~」言うてくれるところ。
今は離れているけれど、ずーーーっといい友達で居てね。ほんまいい子ら。

母の検査も大したことがなく、ほっとしました。
あー、もう、ドキドキさせる人。

自分の目の調子もあまりよくない中で発表会出る事になって
練習したり、ジム活続けたりで、少しお疲れだったので、週の真ん中はお休みした。
少し持ち直したかな。

昨日の発表会も自分はほぼノーミスで踊れた。
出る前からめっちゃ緊張したんだけど、
前日に振りが飛ばないように、ノーミスで踊れるまで家レンした成果か。
途中で、イントラさんの踊り方が、通常以上に大きくなってきて
髪に巻いてたバンダナを、パッと取って横に投げ捨てるパフォーマンス。
それを、うまくキャッチ、フォローしたメンバーも凄い。事前打ち合わせナシのアドリブやのにw
お客さん煽るし(普段のレッスンでもめっちゃ煽るw)
感化されたのか自分も楽しくなって、大きく好きに踊ってました。

チームとしても、なかなか良いパフォーマンスだったのではv ラスト、ばしっと決まったしな。
練習でも、あんなにばっちり決まらんかったのに。皆凄い集中力。
大きな拍手と歓声。終わった途端に力が抜けた^^ちょっと恥ずかしい^^
イントラさんが楽しくレッスンされるのが、皆にもわかるから、こっちも楽しくなるんよね。
こなしてるだけのレッスンやと、ここまで盛り上がれへんし、たぶん一緒に踊りたい!って思わへん。
いつも全力投球の楽しいレッスン、ありがとうございます。
またご一緒にやってみたいなあ。と皆で言ってました。

アー楽しかった!!

このイントラさんのダンスレッスンに、初めて出た日に「イイカンジ」と褒めて貰ったんが、
楽しいな~と続ける原動力の一つになった。
楽しい、楽しいvvv 

健康でずっと踊れますように。



少し落ち着いてきたので、鋼の原画展も行って、SSSの続きもまったり書きながら~~
年末に向かうとしようかwww


2017/11/04(土) 19:26 雑記 PERMALINK
 落下していく間、雪の胸中には様々な想いがこみ上げていた。

幼いころの自分と両親が笑っている。

ああ、自分は子どもの頃から、愛されて生きてきたのだと、雪は確信した。
だから、もういいのだ。

走馬灯のように人生を振り返る。きっとこれがそうなんだ、と堕ちて行く数秒間に雪は悟っていた。

愛する者の為に命を懸けたのだから悔いはない。

そう思うことで、自分を納得させようとしている。

これでいいんだ。

雪は目を閉じた。









―― 本当?  本当に後悔はないの?


はっとして雪は、大きく目を見開いた。
少しの疑問が雪を開眼させた。







「ゆきーーーーーーーーーーっ!!」








その時聞こえてきたのは、彼の自分を呼び戻す叫び声だった。

身も張り裂けんばかりの声。


だめだ。
彼を置いて逝くことは、生きながら彼に地獄を与えてしまう。




私を愛してくれた人へ、私はちゃんと愛を伝えた?
私を信じてくれた人に、私はちゃんと応えた?






まだ私に出来る事があるはず。自分を信じないでどうする気なの!


意識を失いかけていた雪は、今度こそはっきりと目を覚ました。



「雪!どこにいる!?」




彼の声が近づく。


ガミラス艦の甲板で意識朦朧となっていた雪は、今度こそ自分の全てを賭けて生きようと
聞こえるはずのない彼の声だけを頼りに、戦火へと戻っていく。



誰も死なせるものか。
彼の苦悩の一端を、雪も味わっていた。













































2017/11/02(木) 19:22 ヤマトSSS PERMALINK

「あなたの笑顔4」

仲間たちに背中を押されて、古代は走った。

間に合わないかもしれない。ここで伝えておかないと、しばらくまた会えなくなる。
(俺は、なんて馬鹿なんだ……っ)

古代はタラップを駆け下りながら、民間人を引率している雪を見つけた。
「雪っ」

呼びかける前に、雪は自分をみつけ、こちらをじっと見つめていた。
「古代君……」

「あっ」

話があるんだ。
そう言いかけた時、何者かがヤマトから飛び立った。
「教授が乗っているんです!」
そう叫びながら古代に近づいてきたのは桂木という女性だった。
どこかミステリアスな雰囲気を持った女性だ。特徴的な外見をしていた彼女は、古代も覚えている。
「くそっ、こんな時に……っ」

心配そうに自分を見上げている雪に告げるはずだった言葉を、古代は吞みこんでしまった。

雪が先に視線を外した。

そうだ。ここは私情を優先すべきではない。
わかっている。わかっているけれど。

古代は後ろ髪を引かれる思いで、雪たちが向かったガミラス艦とは逆の方向に顔を向けた。
「遺跡を調査したいって……」
「分かった。連れ戻そう」


(どうしてこんな時に)
焦りや不安が顔に出そうになるが、古代は雪たちを信じようと、気持ちを切り替えた。




*****

前後バラバラ。

斉藤の台詞で始めようと思っていたのに、飛んで行った~~(忘れた;)

「あんた、それ本気で言ってるのか?」とかそんな感じ。
しばらく練って、温め直してからちゃんと加筆していきたい。





拍手などなどありがとうございます!


*****

昨日から、ミニ発表会の練習が始まった。
うそんw 

背の順で、まさかのセンターwww
イントラさんの真横やん。
めっちゃ緊張する;;;
てか、すごく大きく踊るイントラさんなので迫力を目の当たりにする^^

自分がちゃんと動かないと、他の人たちの立ち位置がずれてしまうので、出だし、すごい緊張する;;;
いつもは好きなように踊ってるし、間違えてもだれにも迷惑かからないのだけど;;
フォーメーション、すごく難しい;
なぜか遠慮がちに歩いてしまって、Bチームと横軸がずれてしまう;;
初めの一歩が肝心やな^^


なので金曜の夜も、レッスン後に「自主練しよう」と集まることになった。
なんかすごく楽しい~~。
元気いっぱいのマダムのお隣だ。よろしくお願いします^^



2017/10/25(水) 20:39 ヤマトSSS PERMALINK
ジム活行く前に自転車置き場で思いついたSS


真田は言う。


「こんなこともあろうかと」

「一体なんですか?」

しっと口元に人差し指をあてた真田は、古代の言葉を遮った。

二人しかいないはずの情報解析室を、きょろきょろと見渡す。

「なんなんですか?」

サ(言葉を用いてはダメだ)

無駄に大きなジェスチャーで真田は古代に答えた。

コ(どうしてダメなのか教えてください)
サ(ヤマトの情報が筒抜けなんだ)
コ(筒抜けですって? はっ、そういえば、やつら俺のプライベートをなんであんなに詳しく知っていたんだ……まさかキーマンが?)
サ(いや、違うな。 答えはホタル)
コ(ホタル?)
サ(この前のホタルを解析した結果、やつらは一度死んではいるが、蘇生体となり、こちらの情報を何らかの方法でキャッチし、ガトランティスに送り込んでいるようなのだ)

ここまでの会話にたっぷり二時間もかけていてはどうも効率が悪い。
「普通に話したいです、真田さん」
古代の提案に真田もうむ、と頷いた。
ときどきかみ合わなくなるジェスチャー会話に嫌気がさしたのか、顔を真っ赤にした二人は、今度はひそひそと耳打ち会話に切り替えた。


そこでだ、と真田は特に表情を変えずに、続けた。

「この状況を逆手に取るんだ」
「と、言うと?」
勿体ぶったような言い方を、真田は時々する。
古代は自分が試されているかのように感じて、ときどき歯痒くなるのだ。


「君と森君に委ねようと思う」


「はい????」


思わず高い声で訊き返してしまう古代である。
「誰もリスクを負わないやり方だ。そしてとても有効だ。恐らくな」

なんだろう?
そんな魔法のような手があるのか。

「僕と雪が、なにをすればいいんでしょう? なんだってやりますよ」
波動砲を撃たないで済むのなら、お安いご用だ。

それに、もう沖田(の亡霊)に『古代、覚悟はあるか?』などとしつこく聞かれてたまるか。 本気で肚をくくった古代なのである。




真田はにやりと笑って言う。



「愛だよ」と。


は???  口をぽかんと開けてしまう古代に、真田は笑って答えた。

「君たちのラブラブぶりを彼らに見せつけてやればいい。それだけだよ」

「なんで! 僕と雪がそんなこっぱずかしいことをやらなきゃいけないんです? やれって言われたらなんだってやりますよ。
覚悟を決めたんですから。だけど俺は仮にも艦長代理で、威厳が」

「先の事件で、君は大勢の人の前で派手な告白をやった。ホタルを解析した結果、あのときの君と森君の様子が、やつらにすでにキャッチされていたようなのだ」

古代は、真田のその言葉にはっとなった。
「そう言えば、やつら、俺と雪のことも知っていた……」
「どの時点からホタルが艦内に存在して、諜報活動をしていたかはわからない。が、やつら、君たちの愛に、激しく反応することが分かった」

「どうだ、古代? やってくれるか?」

真田は、がしっと古代の肩を掴んで揺さぶった。

科学者としての血が、そうさせている。

「試してみたい。やつら、君たちの本物の愛にどのような反応を示すのか。そこからきっと突破口は開ける!」

有無を言わせない、そんな真田の勢いに気圧された古代。

「大丈夫だ。信じる事さ。必ず最後に愛は勝つ!」
真田の目の奥の炎が揺らめいている。

古代は自分の左手に視線を落とした。


今は外しているが、薬指が微かに痛む。

(雪はどう思うだろうか)

古代の額に冷や汗が滲んだ。




あほSSSでした。


+++++

メルフォからくださったM様


>Mさま

メルフォからありがとうございます。
なんかすみません; 
弱音吐いたとき、いつも温かいお言葉くださって。ありがとうございます。
嫌いにはなったらどうしよう;;レベルで相当ショックだったようなんです、今回のは。
ただ、理由もわかってきました。

わかっちゃいるけど、はて、この気持ちをどうすればいいか。
昇華させるしかないんかな、と今は思ってます。したところでどう変わるか、かわれるかわからないですが。
最後まで楽しく見届けたいのは、皆さまと同じ気持ちです。
なので、楽しんでおられる方のお話をきいて、寄り添える部分が少しでもあれば、嬉しいです。

いつも救われてるなと思うのは私の方です。ありがとうございました。

アホなSS書いたら、1ミリ浮上しました(笑)



2017/10/24(火) 00:10 レス PERMALINK

<追記>
私の我儘なチャットにご参加くださったお方様、どうもありがとうございました。
モヤモヤの原因が、なんとなくわかったので、あとはこの気持ちをどうするかですね;;;

「自由でいたい」
この言葉くださったお方様、ありがとうv 
私もそうありたいな~~~と思います。

こう思うよ、私は、こうだ、との貴重なご意見
どのご意見も楽しく拝聴できました。
私とは、違うなーと思っても、「なんで」「そう思うのか」をじっくり考える事が出来て
とてもよかったです。


あああ、自分も自由でいたい!
2199の時は、かなりこんな気持ちでいたんだけれど。


楽しく見続ける事、見届けるって気持ちかな?
そうありたいのが、心からの本音で本心です。


昨日も本日も、またメールでお話し下さった方も、ありがとうございました。

あ、チャット苦手やけど、メールで三章の感想言いたい人!まだまだ募集中なのでv
よろしければメールかメルフォでどうぞ。お待ちしてます。
お返事は必ず致します。(時間かかるかもですが;)


では!

<追記此処まで>






本日もオープンしています。
下記について、付き合ってやろかと思ったお方はどうぞv


昨日はアマノイワトでお付き合いいただきましてありがとうございました!

で、下に書きたいと思っていますが、

「古雪について」

ひがしの、このままでは4章を見に行く勇気がありません><

買うつもりだった3章ブルーレイもどうしようか迷い中。

なにが、そうさせているのか自分でも納得したいんですが、まとまっていないんです。
まとめる必要はないのかもしれませんが、できれば、2199の時のように
ま、こんなときもあるさねーって浮上して、次の章は楽しみで仕方ない、ってくらいのきもちでいたいのです。

自分でもなんでこんなに落ち込んでるのか不思議です。
なんでやろー。

ということで、ヒントになりそうなお話つきあってくださる方、いらっしゃれば
本日も
アマノイワト 三章古雪について
お話したいと思ってます。

夕ご飯時は席を外しますが、
たぶん基本夜の10時頃まで、ちょこちょこ出入りしているはず。
お話出来たらいいなあと思います。


チャット苦手なお方様、
あなたの感じた3章の感想を、是非お教えください。
メルフォからどうぞ。

メールでお返事ご希望の方は、アドレスを添えてください。
そうでない方は、ブログでお返事いたします。

久しぶりにこういったやりとりさせていただこうと、思ったのも、
ちょっと追い詰められてる;;;このまま嫌いになったらどうしよう、なレベル。

なので、皆さんのご意見ききたいなあと思った次第です。

口下手故、お返事するのもお時間いただくかもしれないし、言いたいこと思っている事、ちゃんと言葉にできるか自信ないんですけど;;

よろしくお願いします。

2017/10/21(土) 16:54 アマノイワト PERMALINK