「あなたの笑顔4」

仲間たちに背中を押されて、古代は走った。

間に合わないかもしれない。ここで伝えておかないと、しばらくまた会えなくなる。
(俺は、なんて馬鹿なんだ……っ)

古代はタラップを駆け下りながら、民間人を引率している雪を見つけた。
「雪っ」

呼びかける前に、雪は自分をみつけ、こちらをじっと見つめていた。
「古代君……」

「あっ」

話があるんだ。
そう言いかけた時、何者かがヤマトから飛び立った。
「教授が乗っているんです!」
そう叫びながら古代に近づいてきたのは桂木という女性だった。
どこかミステリアスな雰囲気を持った女性だ。特徴的な外見をしていた彼女は、古代も覚えている。
「くそっ、こんな時に……っ」

心配そうに自分を見上げている雪に告げるはずだった言葉を、古代は吞みこんでしまった。

雪が先に視線を外した。

そうだ。ここは私情を優先すべきではない。
わかっている。わかっているけれど。

古代は後ろ髪を引かれる思いで、雪たちが向かったガミラス艦とは逆の方向に顔を向けた。
「遺跡を調査したいって……」
「分かった。連れ戻そう」


(どうしてこんな時に)
焦りや不安が顔に出そうになるが、古代は雪たちを信じようと、気持ちを切り替えた。




*****

前後バラバラ。

斉藤の台詞で始めようと思っていたのに、飛んで行った~~(忘れた;)

「あんた、それ本気で言ってるのか?」とかそんな感じ。
しばらく練って、温め直してからちゃんと加筆していきたい。





拍手などなどありがとうございます!


*****

昨日から、ミニ発表会の練習が始まった。
うそんw 

背の順で、まさかのセンターwww
イントラさんの真横やん。
めっちゃ緊張する;;;
てか、すごく大きく踊るイントラさんなので迫力を目の当たりにする^^

自分がちゃんと動かないと、他の人たちの立ち位置がずれてしまうので、出だし、すごい緊張する;;;
いつもは好きなように踊ってるし、間違えてもだれにも迷惑かからないのだけど;;
フォーメーション、すごく難しい;
なぜか遠慮がちに歩いてしまって、Bチームと横軸がずれてしまう;;
初めの一歩が肝心やな^^


なので金曜の夜も、レッスン後に「自主練しよう」と集まることになった。
なんかすごく楽しい~~。
元気いっぱいのマダムのお隣だ。よろしくお願いします^^



2017/10/25(水) 20:39 ヤマトSSS PERMALINK
ジム活行く前に自転車置き場で思いついたSS


真田は言う。


「こんなこともあろうかと」

「一体なんですか?」

しっと口元に人差し指をあてた真田は、古代の言葉を遮った。

二人しかいないはずの情報解析室を、きょろきょろと見渡す。

「なんなんですか?」

サ(言葉を用いてはダメだ)

無駄に大きなジェスチャーで真田は古代に答えた。

コ(どうしてダメなのか教えてください)
サ(ヤマトの情報が筒抜けなんだ)
コ(筒抜けですって? はっ、そういえば、やつら俺のプライベートをなんであんなに詳しく知っていたんだ……まさかキーマンが?)
サ(いや、違うな。 答えはホタル)
コ(ホタル?)
サ(この前のホタルを解析した結果、やつらは一度死んではいるが、蘇生体となり、こちらの情報を何らかの方法でキャッチし、ガトランティスに送り込んでいるようなのだ)

ここまでの会話にたっぷり二時間もかけていてはどうも効率が悪い。
「普通に話したいです、真田さん」
古代の提案に真田もうむ、と頷いた。
ときどきかみ合わなくなるジェスチャー会話に嫌気がさしたのか、顔を真っ赤にした二人は、今度はひそひそと耳打ち会話に切り替えた。


そこでだ、と真田は特に表情を変えずに、続けた。

「この状況を逆手に取るんだ」
「と、言うと?」
勿体ぶったような言い方を、真田は時々する。
古代は自分が試されているかのように感じて、ときどき歯痒くなるのだ。


「君と森君に委ねようと思う」


「はい????」


思わず高い声で訊き返してしまう古代である。
「誰もリスクを負わないやり方だ。そしてとても有効だ。恐らくな」

なんだろう?
そんな魔法のような手があるのか。

「僕と雪が、なにをすればいいんでしょう? なんだってやりますよ」
波動砲を撃たないで済むのなら、お安いご用だ。

それに、もう沖田(の亡霊)に『古代、覚悟はあるか?』などとしつこく聞かれてたまるか。 本気で肚をくくった古代なのである。




真田はにやりと笑って言う。



「愛だよ」と。


は???  口をぽかんと開けてしまう古代に、真田は笑って答えた。

「君たちのラブラブぶりを彼らに見せつけてやればいい。それだけだよ」

「なんで! 僕と雪がそんなこっぱずかしいことをやらなきゃいけないんです? やれって言われたらなんだってやりますよ。
覚悟を決めたんですから。だけど俺は仮にも艦長代理で、威厳が」

「先の事件で、君は大勢の人の前で派手な告白をやった。ホタルを解析した結果、あのときの君と森君の様子が、やつらにすでにキャッチされていたようなのだ」

古代は、真田のその言葉にはっとなった。
「そう言えば、やつら、俺と雪のことも知っていた……」
「どの時点からホタルが艦内に存在して、諜報活動をしていたかはわからない。が、やつら、君たちの愛に、激しく反応することが分かった」

「どうだ、古代? やってくれるか?」

真田は、がしっと古代の肩を掴んで揺さぶった。

科学者としての血が、そうさせている。

「試してみたい。やつら、君たちの本物の愛にどのような反応を示すのか。そこからきっと突破口は開ける!」

有無を言わせない、そんな真田の勢いに気圧された古代。

「大丈夫だ。信じる事さ。必ず最後に愛は勝つ!」
真田の目の奥の炎が揺らめいている。

古代は自分の左手に視線を落とした。


今は外しているが、薬指が微かに痛む。

(雪はどう思うだろうか)

古代の額に冷や汗が滲んだ。




あほSSSでした。


+++++

メルフォからくださったM様


>Mさま

メルフォからありがとうございます。
なんかすみません; 
弱音吐いたとき、いつも温かいお言葉くださって。ありがとうございます。
嫌いにはなったらどうしよう;;レベルで相当ショックだったようなんです、今回のは。
ただ、理由もわかってきました。

わかっちゃいるけど、はて、この気持ちをどうすればいいか。
昇華させるしかないんかな、と今は思ってます。したところでどう変わるか、かわれるかわからないですが。
最後まで楽しく見届けたいのは、皆さまと同じ気持ちです。
なので、楽しんでおられる方のお話をきいて、寄り添える部分が少しでもあれば、嬉しいです。

いつも救われてるなと思うのは私の方です。ありがとうございました。

アホなSS書いたら、1ミリ浮上しました(笑)



2017/10/24(火) 00:10 レス PERMALINK

<追記>
私の我儘なチャットにご参加くださったお方様、どうもありがとうございました。
モヤモヤの原因が、なんとなくわかったので、あとはこの気持ちをどうするかですね;;;

「自由でいたい」
この言葉くださったお方様、ありがとうv 
私もそうありたいな~~~と思います。

こう思うよ、私は、こうだ、との貴重なご意見
どのご意見も楽しく拝聴できました。
私とは、違うなーと思っても、「なんで」「そう思うのか」をじっくり考える事が出来て
とてもよかったです。


あああ、自分も自由でいたい!
2199の時は、かなりこんな気持ちでいたんだけれど。


楽しく見続ける事、見届けるって気持ちかな?
そうありたいのが、心からの本音で本心です。


昨日も本日も、またメールでお話し下さった方も、ありがとうございました。

あ、チャット苦手やけど、メールで三章の感想言いたい人!まだまだ募集中なのでv
よろしければメールかメルフォでどうぞ。お待ちしてます。
お返事は必ず致します。(時間かかるかもですが;)


では!

<追記此処まで>






本日もオープンしています。
下記について、付き合ってやろかと思ったお方はどうぞv


昨日はアマノイワトでお付き合いいただきましてありがとうございました!

で、下に書きたいと思っていますが、

「古雪について」

ひがしの、このままでは4章を見に行く勇気がありません><

買うつもりだった3章ブルーレイもどうしようか迷い中。

なにが、そうさせているのか自分でも納得したいんですが、まとまっていないんです。
まとめる必要はないのかもしれませんが、できれば、2199の時のように
ま、こんなときもあるさねーって浮上して、次の章は楽しみで仕方ない、ってくらいのきもちでいたいのです。

自分でもなんでこんなに落ち込んでるのか不思議です。
なんでやろー。

ということで、ヒントになりそうなお話つきあってくださる方、いらっしゃれば
本日も
アマノイワト 三章古雪について
お話したいと思ってます。

夕ご飯時は席を外しますが、
たぶん基本夜の10時頃まで、ちょこちょこ出入りしているはず。
お話出来たらいいなあと思います。


チャット苦手なお方様、
あなたの感じた3章の感想を、是非お教えください。
メルフォからどうぞ。

メールでお返事ご希望の方は、アドレスを添えてください。
そうでない方は、ブログでお返事いたします。

久しぶりにこういったやりとりさせていただこうと、思ったのも、
ちょっと追い詰められてる;;;このまま嫌いになったらどうしよう、なレベル。

なので、皆さんのご意見ききたいなあと思った次第です。

口下手故、お返事するのもお時間いただくかもしれないし、言いたいこと思っている事、ちゃんと言葉にできるか自信ないんですけど;;

よろしくお願いします。

2017/10/21(土) 16:54 アマノイワト PERMALINK
チャットで~~す。

本日22:30から本番です


ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

目がしょぼしょぼする;;;おやすみなさい
2017/10/20(金) 19:48 アマノイワト PERMALINK


柏木から意味深長な耳打ちをされて、連れてこられたのは、意外な事に医務室だった。

患者はいない。佐渡は奥の自室でいつものようにコップに酒を注いでは、喉に送り込んでいる。
柏木が、詰めている衛生士の笠原に目配せを送ると、奥から白い衛生士の制服を着た雪が現れた。
髪をポニーテールにまとめていて、かなり印象が変わって見える。

どうしてここに雪さんが? 
衛生士の制服を着ているの?
  
玲の頭に「密航」の文字が浮かび上がる。
事態を把握するまで、数秒の間を置き、
「知らぬは婚約者だけということか」と、玲は思わず呟いた。

呟きを、雪は聞き逃さなかった。



「元・婚約者」
雪は、平然と言い放った。

「えっ、別れちゃったんですか!」

「しいっ! 声が大きい!」
柏木が口元に人差し指を立てて、医務室内に、事情を知る者以外、誰か居ないか見渡した。
笠原の他に、男性の衛生士が居たが、彼も事情を知っているのだろう。バツが悪そうな顔を誤魔化そうと、聞こえない振りをしていた。
玲は珍しく慌てて、スミマセンと小さくなって謝った。

「内情を詳しく皆に伝えてるわけではないの。古代艦長代理が私の乗艦に反対する理由をね。私の乗艦に反対だなんて!って、頭に来て、婚約指輪つきかえしちゃった」

憤慨している風でもなく、むしろ寂しそうにそう語る雪に、玲の心は痛んだ。
「オトコって自分本位なんですよ! 雪さんの事なんだと思ってるんだ! ということで、雪さんを女子部全員で匿うことにしました」
雪の代わりに怒っている柏木に、雪は苦笑を浮かべて、玲を見た。
「ああ。なるほど。それは大いに理解できます。了解しました。私も全力で雪さんを匿います」

「だけど……」


玲は、どう話すべきか躊躇いながら、口を開いた。
柏木は、空気を呼んだのか、先に戻ってますねと言い置いて、医務室から出て行った。


玲は、こっちへ、と手招きをして雪を呼んだ。
部屋の隅まで二人で来ると、さらに小声で話す。

「別れちゃダメですよ。お二人は私たちにとって、地球の明るい未来の象徴でもあり、憧れなんですから。
雪さんは古代さんと幸せにならなくちゃ」

「山本さん……」

「本気じゃないんでしょう? じゃなきゃ、隠れて乗艦なんてしませんよね」

「うん。頭に来たというより、悲しかったんだ。なんで解ってくれないんだって。だから、つい」

「よかった。その言葉が聞けて。落ち着いたら仲直りしてください。たぶん古代さんも同じ事思ってますよ」

「そうだといいな」

「そうに決まってる」

玲は、古代の浮かない表情を見たことについて、雪に話そうかと思ったが、言わないでおくことにした。


(たぶん、そんなに遠くないうちに仲直りするんだろうし)




犬も食わないナントカに、自分から首を突っ込まなくてもいいか、と思う玲だった。


2017/10/20(金) 19:09 ヤマトSSS PERMALINK

拍手、ありがとうです~~~。
すごく久しぶりに更新だったもんね^^ ありがとうございます。




楽しくて、幸せでしかたないとき、にへら~~~と締まりのない顔になるか
真剣モードの怖い顔になるか;;


おいしいものを食べたり、可笑しくて楽しいときなんかはにへにへしちゃうのですが
同じ楽しい時でも、真剣モードのときは、めっちゃ怖い顔になってるようです;;;

夜の遠征先で踊って、レッスン終了後、スタジオから出たら、お友達が次のエアロに出る為に並んでいた。
皆さんの目的は、クラブで一番難しいエアロ。
知ってる人が何人か出ているクラスですが、私は帰り際にスタジオの外から「わ~~今夜もバリバリやなー。凄いな~~」と傍観しているだけです。

エアロは、やっとこさ初中級クラスに慣れて来たかも?程度のスキルなので、アドバンスクラスになんぞ、何年かかったら出られるようになるやら;;
初心者やった人が、一年ちょっとで出ちゃうお友達の進化レベルに驚いてしまう。もともと運動神経がいいのだろうねー。
この前の初中級クラスで並んでいる時に「某店のアドバンス受けてる」って話になったので
「私、その前のひpほpクラス出てるよー」て話したら「ああ、こんなやつ?」て虫の手足の動きみたいな振りをしてくれたwww
うんwそんなへんてこなコリオだったよw先月ね。(ヘンテコなコリオが好きなのだw)
あの中に居たんや、と言う話になったので、いつもだいたい後ろの左端にいるよーて言ってたので、今夜は見つけやすかったようです。

「あ、こんばんはv」と挨拶したら「ひがしのさん、踊ってる時、いつもと全然顔が違う」と言われた;;;
えーん;;
キモイって言う意味??? 怖いってこと???

突っこめばどちらか言われそうだったので、でへへwと誤魔化し笑いでやり過ごした~~。
じゃーねー、エアロ頑張ってね! 私はもう一つオリジナルひpほp受けるの~~とサヨナラしました。

今回のジャズちっくダンス、イントラさんからの指示は「可愛く」「ぶりぶり」なんですが
身体も脳も拒否るので;;怖い顔になっちゃうようです;;
二チームにわけて踊るとき、他の人を見て見たら、皆さんうきうきと楽しそうに笑ってるひともいるんよね。
わ;私あんなに笑われへん;;; めっちゃ真剣モードになってまうもん;;

だからといって、楽しくないわけじゃなく、むしろ全力で楽しんでいるのです。
真剣に楽しんでいるからこそ、怖い顔になってる;;;のかも;
めーーーっちゃ楽しいのになあ^^あ、集中してるから笑われへんの。たぶんそういうことw

2017/10/19(木) 22:51 雑記 PERMALINK