来たね。



予告編。

雪のこの表情と、古代君の「ゆきーーーーーっ!」(今までで一番気持ち籠ってる声)を聴いちゃうと
心配で、不安で仕方ない><

雪の「選ばせないで」の台詞がものすごく不安を煽ってる。。。。それ、古代君に向けた台詞だよねえ。


古代君の苦悩の一つが究極の選択を迫られることだとしたら、それはそれでドラマが盛り上がって面白いとは思うけど、
そこ萌えポイントの一つではあるのだけど……。


自分も妄想で、古代君がもしそういった場面に遭遇したら……な個人本を書いたくちだけど、
2199でも辛い目にあった雪なので、あれ以上痛め付けないで、と思ってしまう。

うー。そこを乗り越えてこそ、二人の絆はより一層強固なものになるのだと、わかっていても、ね。

雪の白パンツスーツ姿は、永遠にを思い出させるなあ。
民間人の手を取って、どこに行こうと、なにをしようとしているんだ。
おばちゃんは、心配で眠れないよ><






+++++++

心配と言えば、クラピカさん。

本誌をずっと追っていないので、ところどころしかわかんないのですが。
なんだかとーっても驚く事実を知ってしまった。

あの子、なんちゅう制約を自分に課したんだ><

絶対時間の制約が自分の寿命を削るだなんて;
で、緋の目使い過ぎて、またぶっ倒れてるし><
「頭いいのに、考えなし」なところはそのまんまじゃないか。

今のお話、クラピカメインでほぼ主人公として進んでいて、頭脳戦、心理戦みたいなやりとりがおおおおーーーーと思うし
クラピカの頭のいいところが発揮されてて、そこはとても面白い。

ていうか、キャラ多すぎてもはや追いつかん。
あんた誰でしたっけ??が多すぎ><

2017/09/02(土) 21:09 ヤマト2202 PERMALINK